[エレキギター S]SS by Shimura Special

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II/RED(10/30)
  3. 日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II/WH(10/30)
  4. 日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II HH/WH(10/30)
  5. 日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II HH(BK/R)(10/30)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II/RED

2006.10.30(16:51)



遂に表舞台に!~SS by Shimura Special
今剛など一流のプロミュージシャンのギターを手掛けてきたShimura氏。
ほぼミュージシャン向けの仕事が中心でしたので一般向けに入手できるようになったのは嬉しい限り。
(でも生産数は非常に少ないのでいつでも入手できるものではありませんが......。)
ミュージシャンサイドから作られた”SS”ですから理屈や能書きではありません、そのサウンドをお確かめ下さい!


SS By Shimura Specialとは?
SSって?
一部では超有名でありながら一般的にはまだあまり知られていない”SS”。
実はフュージョン系ミュージシャンなどのギターに長い間、カスタマイジングを手掛けている”志村氏”のブランド。
今剛や松原正樹に代表される大物ミュージシャンの愛機の数々を手掛けた実績は計り知れないものがあります。
今までも製品としてギターを製作したことはありますが今回の様にオリジナリティ溢れるスタイルは初と言えるでしょう。
プレイヤーサイドから考えられた、弾く為の究極のギターが”SS”です。

コンセプトは?
まずこのモデルのスタートには氏が所有する自身のカスタムギターがあります。
これは市販のストラトのボディやネック、PUをベースにカスタマイジングしたもので、それには現在のモデルの元となった、形状までにも手が加えられています。
要するに今まで培ってきたもの形に起し、それをまとめあげたスタイルが現在の市販スタイル。
ですのでギターサウンドの基本は非常にオーソドックスですが、ギターの組み上げ方、鳴らし方に対するアプローチが普通と違います。
多分、大多数の方はギターを弾いてみて鳴る、鳴らないを判断するでしょう。
当然と言えば当然ですが、でもそれは結果論をみているだけです。
だから完成するまでの皆さんが知らない部分にこだわりがあるのです。普通大体のものはボディ材やらネック材、あのPUにあのブリッジなどそう言った部分から考えられ、それなりのものを使えば及第点のものは作れます。
しかしボディが鳴っていると言っても何かが鳴らなければギターは鳴りませんよね?
そうです、弦です。
弦が鳴って初めてボディが鳴る訳でSSはそこの部分から製作するのです。
ナットやブリッジをしっかり作る事から始め、その鳴りを受け止め、鳴らせる木部へ初めて繋がる訳です。
ですからネック/ボディはそれぞれのウエイトを計り、鳴りのバランスを考え組み合わせます。
そしてそれに合わせたPU(3S or HH)が決められて行く訳です。
ですので1本1本、微妙な違いはあっても鳴らし方のアプローチが決まっているのでその質にバラツキが生まれないのです。

で、どんなギター?
今まで語ってきた流れである程度お判りの方もいらっしゃるかも知れませんが、やはりオールラウンドなギターであると言えます。
木部のスペック、形状はすべて同一でアッシュ2ピース、メイプルネック/メイプル、またはローズ指板となります。
ペグはシュパーゼルのロックペグをさらに細かく、各弦のポストの高さが変るように工夫してマウント、トレモロも質量の高いゴト-ウイルキンソンをマウント。
このスペックを基本に3シングルまたは2ハムのヴァージョンがあります。
どちらも完全にオリジナルPUですが3シングルのフロントとリアは通常のハムPUの片側のボビンを使用したもので、マグネットがボビン裏に着いたもの。
これも”SS”サウンドのポイントで特にフロントのサウンドはボルトオンネックでもちょっとしたホロウボディのようなニュアンスが生まれます。
もちろん2ハムでは更にふくよかなトーンになります。
それと3シングルのハーフトーンはストラトを凌ぐトーン、その他のポジションも3シングル/2ハム共にこんなサウンドが欲しかった的なものです。
もちろん弾き味や楽器のバランスもパーフェクト、伝わりにくいかも知れませんがギターを楽器として最大限に作ったものと言えるでしょう、ジャンルは選びません!




詳細画像1
詳細画像2
詳細画像3
↓↓↓詳細、購入はこちら!
SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II/RED


ミュ-ジシャンから生まれた”SS”!(志村スペシャル)
ズバリ!
ストラトをイメージされる方は御遠慮下さい。
なんかキツイ言い方ですけど今さらストラトを作ってもしょうがないじゃないですか、でもそれこそがSSなんです。
だからこんなトーンですよ、と言った表現は難しいですけどボルトオンネックでありながらフロントはセットネックのような甘くて艶のあるトーン、でもリアはちゃんとシングルコイルの歯切れの良い抜けるトーン、そして歪みも芯がある太いサウンドです。
もちろんハーフトーンはストラト調なニュアンスですので1本で対応できる幅が無茶苦茶広いのです。
良いギターは元々対応するジャンルを選びません、それがSSの基本なのです。


*メイプルネック(メイプル貼り指板)、スワンプアッシュ2ピースボディに”Shimura Custom PU”の組み合わせ、そして塗装はあえてラッカーを吹きっぱなしにしたものです。
またウイルキンソントレモロにシュパーゼルペグの組み合わせ。
ペグもギアボックスとツマミがカラータイプと実用性を考えた上で個性的なルックスになっています。
また今回の入荷のものはトレモロがフローティングセッティングになるように作られております。

ギグケース付

大特価¥315,000(税込)送料別!

ギター専門店ならではの商材!!
スポンサーサイト

日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II/WH

2006.10.30(16:43)



遂に表舞台に!~SS by Shimura Special
今剛など一流のプロミュージシャンのギターを手掛けてきたShimura氏。
ほぼミュージシャン向けの仕事が中心でしたので一般向けに入手できるようになったのは嬉しい限り。
(でも生産数は非常に少ないのでいつでも入手できるものではありませんが......。)
ミュージシャンサイドから作られた”SS”ですから理屈や能書きではありません、そのサウンドをお確かめ下さい!


SS By Shimura Specialとは?
SSって?
一部では超有名でありながら一般的にはまだあまり知られていない”SS”。
実はフュージョン系ミュージシャンなどのギターに長い間、カスタマイジングを手掛けている”志村氏”のブランド。
今剛や松原正樹に代表される大物ミュージシャンの愛機の数々を手掛けた実績は計り知れないものがあります。
今までも製品としてギターを製作したことはありますが今回の様にオリジナリティ溢れるスタイルは初と言えるでしょう。
プレイヤーサイドから考えられた、弾く為の究極のギターが”SS”です。

コンセプトは?
まずこのモデルのスタートには氏が所有する自身のカスタムギターがあります。
これは市販のストラトのボディやネック、PUをベースにカスタマイジングしたもので、それには現在のモデルの元となった、形状までにも手が加えられています。
要するに今まで培ってきたもの形に起し、それをまとめあげたスタイルが現在の市販スタイル。
ですのでギターサウンドの基本は非常にオーソドックスですが、ギターの組み上げ方、鳴らし方に対するアプローチが普通と違います。
多分、大多数の方はギターを弾いてみて鳴る、鳴らないを判断するでしょう。
当然と言えば当然ですが、でもそれは結果論をみているだけです。
だから完成するまでの皆さんが知らない部分にこだわりがあるのです。普通大体のものはボディ材やらネック材、あのPUにあのブリッジなどそう言った部分から考えられ、それなりのものを使えば及第点のものは作れます。
しかしボディが鳴っていると言っても何かが鳴らなければギターは鳴りませんよね?
そうです、弦です。
弦が鳴って初めてボディが鳴る訳でSSはそこの部分から製作するのです。
ナットやブリッジをしっかり作る事から始め、その鳴りを受け止め、鳴らせる木部へ初めて繋がる訳です。
ですからネック/ボディはそれぞれのウエイトを計り、鳴りのバランスを考え組み合わせます。
そしてそれに合わせたPU(3S or HH)が決められて行く訳です。
ですので1本1本、微妙な違いはあっても鳴らし方のアプローチが決まっているのでその質にバラツキが生まれないのです。

で、どんなギター?
今まで語ってきた流れである程度お判りの方もいらっしゃるかも知れませんが、やはりオールラウンドなギターであると言えます。
木部のスペック、形状はすべて同一でアッシュ2ピース、メイプルネック/メイプル、またはローズ指板となります。
ペグはシュパーゼルのロックペグをさらに細かく、各弦のポストの高さが変るように工夫してマウント、トレモロも質量の高いゴト-ウイルキンソンをマウント。
このスペックを基本に3シングルまたは2ハムのヴァージョンがあります。
どちらも完全にオリジナルPUですが3シングルのフロントとリアは通常のハムPUの片側のボビンを使用したもので、マグネットがボビン裏に着いたもの。
これも”SS”サウンドのポイントで特にフロントのサウンドはボルトオンネックでもちょっとしたホロウボディのようなニュアンスが生まれます。
もちろん2ハムでは更にふくよかなトーンになります。
それと3シングルのハーフトーンはストラトを凌ぐトーン、その他のポジションも3シングル/2ハム共にこんなサウンドが欲しかった的なものです。
もちろん弾き味や楽器のバランスもパーフェクト、伝わりにくいかも知れませんがギターを楽器として最大限に作ったものと言えるでしょう、ジャンルは選びません!




詳細画像1
詳細画像2
詳細画像3
↓↓↓詳細、購入はこちら!
SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II/WH


ミュ-ジシャンから生まれた”SS”!(志村スペシャル)
ズバリ!
ストラトをイメージされる方は御遠慮下さい。
なんかキツイ言い方ですけど今さらストラトを作ってもしょうがないじゃないですか、でもそれこそがSSなんです。
だからこんなトーンですよ、と言った表現は難しいですけどボルトオンネックでありながらフロントはセットネックのような甘くて艶のあるトーン、でもリアはちゃんとシングルコイルの歯切れの良い抜けるトーン、そして歪みも芯がある太いサウンドです。
もちろんハーフトーンはストラト調なニュアンスですので1本で対応できる幅が無茶苦茶広いのです。
良いギターは元々対応するジャンルを選びません、それがSSの基本なのです。


*メイプルネック(メイプル貼り指板)、スワンプアッシュ2ピースボディに”Shimura Custom PU”の組み合わせ、そして塗装はあえてラッカーを吹きっぱなしにしたもので潰しのホワイトに見えますが実際にはシースルーです。
またウイルキンソントレモロにシュパーゼルペグの組み合わせですがトレモロはノンフローティングセッティング、ペグもギアボックスとツマミがグリーンと実用性を考えた上で個性的なルックスになっています。

ギグケース付

大特価¥315,000(税込)送料別!

ギター専門店ならではの商材!!

日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II HH/WH

2006.10.30(16:33)



遂に表舞台に!~SS by Shimura Special
今剛など一流のプロミュージシャンのギターを手掛けてきたShimura氏。
ほぼミュージシャン向けの仕事が中心でしたので一般向けに入手できるようになったのは嬉しい限り。
(でも生産数は非常に少ないのでいつでも入手できるものではありませんが......。)
ミュージシャンサイドから作られた”SS”ですから理屈や能書きではありません、そのサウンドをお確かめ下さい!


SS By Shimura Specialとは?
SSって?
一部では超有名でありながら一般的にはまだあまり知られていない”SS”。
実はフュージョン系ミュージシャンなどのギターに長い間、カスタマイジングを手掛けている”志村氏”のブランド。
今剛や松原正樹に代表される大物ミュージシャンの愛機の数々を手掛けた実績は計り知れないものがあります。
今までも製品としてギターを製作したことはありますが今回の様にオリジナリティ溢れるスタイルは初と言えるでしょう。
プレイヤーサイドから考えられた、弾く為の究極のギターが”SS”です。

コンセプトは?
まずこのモデルのスタートには氏が所有する自身のカスタムギターがあります。
これは市販のストラトのボディやネック、PUをベースにカスタマイジングしたもので、それには現在のモデルの元となった、形状までにも手が加えられています。
要するに今まで培ってきたもの形に起し、それをまとめあげたスタイルが現在の市販スタイル。
ですのでギターサウンドの基本は非常にオーソドックスですが、ギターの組み上げ方、鳴らし方に対するアプローチが普通と違います。
多分、大多数の方はギターを弾いてみて鳴る、鳴らないを判断するでしょう。
当然と言えば当然ですが、でもそれは結果論をみているだけです。
だから完成するまでの皆さんが知らない部分にこだわりがあるのです。普通大体のものはボディ材やらネック材、あのPUにあのブリッジなどそう言った部分から考えられ、それなりのものを使えば及第点のものは作れます。
しかしボディが鳴っていると言っても何かが鳴らなければギターは鳴りませんよね?
そうです、弦です。
弦が鳴って初めてボディが鳴る訳でSSはそこの部分から製作するのです。
ナットやブリッジをしっかり作る事から始め、その鳴りを受け止め、鳴らせる木部へ初めて繋がる訳です。
ですからネック/ボディはそれぞれのウエイトを計り、鳴りのバランスを考え組み合わせます。
そしてそれに合わせたPU(3S or HH)が決められて行く訳です。
ですので1本1本、微妙な違いはあっても鳴らし方のアプローチが決まっているのでその質にバラツキが生まれないのです。

で、どんなギター?
今まで語ってきた流れである程度お判りの方もいらっしゃるかも知れませんが、やはりオールラウンドなギターであると言えます。
木部のスペック、形状はすべて同一でアッシュ2ピース、メイプルネック/メイプル、またはローズ指板となります。
ペグはシュパーゼルのロックペグをさらに細かく、各弦のポストの高さが変るように工夫してマウント、トレモロも質量の高いゴト-ウイルキンソンをマウント。
このスペックを基本に3シングルまたは2ハムのヴァージョンがあります。
どちらも完全にオリジナルPUですが3シングルのフロントとリアは通常のハムPUの片側のボビンを使用したもので、マグネットがボビン裏に着いたもの。
これも”SS”サウンドのポイントで特にフロントのサウンドはボルトオンネックでもちょっとしたホロウボディのようなニュアンスが生まれます。
もちろん2ハムでは更にふくよかなトーンになります。
それと3シングルのハーフトーンはストラトを凌ぐトーン、その他のポジションも3シングル/2ハム共にこんなサウンドが欲しかった的なものです。
もちろん弾き味や楽器のバランスもパーフェクト、伝わりにくいかも知れませんがギターを楽器として最大限に作ったものと言えるでしょう、ジャンルは選びません!




詳細画像1
詳細画像2
詳細画像3
↓↓↓詳細、購入はこちら!
SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II HH/WH


ローズ指板/ハムバッカー仕様も登場!
SSのサウンドとは?
ズバリ、超オリジナルギター!
だからこんなトーンですよ、と言った表現は難しいですけどボルトオンネックでありながらフロントはセットネックのような甘くて艶のあるトーン、でもリアはちゃんとジャキッと歯切れの良い抜けるトーン、そして歪みも芯がある太いサウンドです。
でコイルタップも付いており、ストラト調なニュアンスもOK!ですので1本で対応できる幅が無茶苦茶広いのです。
良いギターは元々対応するジャンルを選びません、それがSSの基本なのです。


*メイプルネック/ローズ指板、スワンプアッシュ2ピースボディに”Shimura Custom PU”の組み合わせ(コイルタップ付)、そして塗装はあえてラッカーを吹きっぱなしにしたもの。
これは最大の鳴りを考えたものでその特性上、多少ムラっぽい部分があるのはご了承下さい。
またフローティングセッティングのウイルキンソントレモロにシュパーゼルペグの組み合わせも非常に狂いが少ないセッティングになっています。

ギグケース付

大特価¥315,000(税込)送料別!

ギター専門店ならではの商材!!

日本では珍しいプレイヤーが製作する楽器!!SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II HH(BK/R)

2006.10.30(16:16)



遂に表舞台に!~SS by Shimura Special
今剛など一流のプロミュージシャンのギターを手掛けてきたShimura氏。
ほぼミュージシャン向けの仕事が中心でしたので一般向けに入手できるようになったのは嬉しい限り。
(でも生産数は非常に少ないのでいつでも入手できるものではありませんが......。)
ミュージシャンサイドから作られた”SS”ですから理屈や能書きではありません、そのサウンドをお確かめ下さい!


SS By Shimura Specialとは?
SSって?
一部では超有名でありながら一般的にはまだあまり知られていない”SS”。
実はフュージョン系ミュージシャンなどのギターに長い間、カスタマイジングを手掛けている”志村氏”のブランド。
今剛や松原正樹に代表される大物ミュージシャンの愛機の数々を手掛けた実績は計り知れないものがあります。
今までも製品としてギターを製作したことはありますが今回の様にオリジナリティ溢れるスタイルは初と言えるでしょう。
プレイヤーサイドから考えられた、弾く為の究極のギターが”SS”です。

コンセプトは?
まずこのモデルのスタートには氏が所有する自身のカスタムギターがあります。
これは市販のストラトのボディやネック、PUをベースにカスタマイジングしたもので、それには現在のモデルの元となった、形状までにも手が加えられています。
要するに今まで培ってきたもの形に起し、それをまとめあげたスタイルが現在の市販スタイル。
ですのでギターサウンドの基本は非常にオーソドックスですが、ギターの組み上げ方、鳴らし方に対するアプローチが普通と違います。
多分、大多数の方はギターを弾いてみて鳴る、鳴らないを判断するでしょう。
当然と言えば当然ですが、でもそれは結果論をみているだけです。
だから完成するまでの皆さんが知らない部分にこだわりがあるのです。普通大体のものはボディ材やらネック材、あのPUにあのブリッジなどそう言った部分から考えられ、それなりのものを使えば及第点のものは作れます。
しかしボディが鳴っていると言っても何かが鳴らなければギターは鳴りませんよね?
そうです、弦です。
弦が鳴って初めてボディが鳴る訳でSSはそこの部分から製作するのです。
ナットやブリッジをしっかり作る事から始め、その鳴りを受け止め、鳴らせる木部へ初めて繋がる訳です。
ですからネック/ボディはそれぞれのウエイトを計り、鳴りのバランスを考え組み合わせます。
そしてそれに合わせたPU(3S or HH)が決められて行く訳です。
ですので1本1本、微妙な違いはあっても鳴らし方のアプローチが決まっているのでその質にバラツキが生まれないのです。

で、どんなギター?
今まで語ってきた流れである程度お判りの方もいらっしゃるかも知れませんが、やはりオールラウンドなギターであると言えます。
木部のスペック、形状はすべて同一でアッシュ2ピース、メイプルネック/メイプル、またはローズ指板となります。
ペグはシュパーゼルのロックペグをさらに細かく、各弦のポストの高さが変るように工夫してマウント、トレモロも質量の高いゴト-ウイルキンソンをマウント。
このスペックを基本に3シングルまたは2ハムのヴァージョンがあります。
どちらも完全にオリジナルPUですが3シングルのフロントとリアは通常のハムPUの片側のボビンを使用したもので、マグネットがボビン裏に着いたもの。
これも”SS”サウンドのポイントで特にフロントのサウンドはボルトオンネックでもちょっとしたホロウボディのようなニュアンスが生まれます。
もちろん2ハムでは更にふくよかなトーンになります。
それと3シングルのハーフトーンはストラトを凌ぐトーン、その他のポジションも3シングル/2ハム共にこんなサウンドが欲しかった的なものです。
もちろん弾き味や楽器のバランスもパーフェクト、伝わりにくいかも知れませんがギターを楽器として最大限に作ったものと言えるでしょう、ジャンルは選びません!




詳細画像1
詳細画像2
詳細画像3
↓↓↓詳細、購入はこちら!
SS by Shimura Special(志村スペシャル)SYMBA II HH(BK/R)


ミュ-ジシャンから生まれた”SS”!(志村スペシャル)
他のSSで触れている部分もありますのでちょっと見方を変えて.....
日本のコンポメーカーの殆どはどちらかと言えば製作者が製作しているものが大多数を占めています。
簡単に言えば技術的には卓越しているものだとは言えます。
しかしSSは海外のコンポメーカーでは逆に多い、プレーヤーが製作する楽器なのです。
要するに製作する志村氏自身が納得する、プレーヤーとしてのポジションから出来るギターなのです。
この違い分かりますか?
例えば材を何使いました、こんな技術が生かされています、有名ブランドのパーツを使いました.....
等々、これが悪いと言う訳ではありませんがこれが普通のコンポ。
でもSSは完成させたいイメージがあって、それに合わせた事を順にしているだけなのです。
要は途中経過が良くてもダメ、弾いた時がすべて、作品ではなくギターと言う楽器の最良なものであれば良いのです。
これがSSなのです。


現在SSは当店のみの販売ですが元々はミュージシャンのみへの直売だけでした。
それが1年程前から店頭販売されるようになった経緯があるので全てのものが把握されています。
今回のブラック/2ハム/ローズ指板は初登場ですが全体を見ても生産は僅かなブランドです。
ジャンルを問わない、これ1本あれば何でもできる、そんなギターがSSです。

Neck:Maple on Rosewood
Body:Light Ash
Pickups:SS Original Hum×2 with Tap SW×2
Tremoro:Willkinson
Finish:Lacquer

ギグケース付

大特価¥315,000(税込)送料別!

ギター専門店ならではの商材!!
| ホームへ |
姉妹サイトリンク
スポンサーサイト


↑↑↑♪お得な情報満載★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

商品検索

商品一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。