FC2ブログ

[ミュージシャンモデル大特集]ブライアン・メイ(QUEEN)

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ブライアン・メイ!!待望のミニギター!!Brian May Guitars Mini May(01/11)
  3. ”QUEEN”ブライアン・メイ・シグネイチャーペダル"Red Special Pedal "(08/25)
  4. 「WE WILL ROCK YOU!!」Brian May Red Special(3TSB)入荷数極少!!(08/24)
  5. 「WE WILL ROCK YOU!!」Brian May Red Special(WHITE)入荷数極少!!(08/24)
  6. 「WE WILL ROCK YOU!!」Brian May Red Special(BLACK)入荷数極少!!(08/24)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ブライアン・メイ!!待望のミニギター!!Brian May Guitars Mini May

2007.01.11(19:21)
ところで。。。

ギターやベースといった楽器を始めるきっかけって何でしたか?

「好きなミュージシャン、ギタリスト等に憧れて!!」



こういった方。。。

結構、多いんじゃないですか?



実際に始めてしまうと色んな音楽に興味を持って、音楽的嗜好も色々と変わってしまう部分もあるのですが。。。


自分自身の心の中には大事な気持ちとしていつまでも持ち続ける思いとして。。。

すごく大事なことなのではないでしょうか?


「あの。。。

憧れの。。。

あのモデルを。。。

ご紹介!!」

















↓↓↓詳細、購入はこちら!
Brian May Guitars(ブライアン・メイ・ギターズ)Mini May


Brian May Guitars ”ミニ May” 待望の入荷!

~ Red Special Mini Guitar

約242mmのスケールでコンパクトなミニ「ブライアン・メイ」です。
Queen好き、ブライアン・メイを愛する方にとって必携アイテムであること間違い無しの1本。
非常に入荷が遅れたため、今回の発売を待ちわびていた方も多いはず!非常に少数の入荷ですので、このチャンスをお見逃し無く!


ソフトケース付属

定価¥36,000(税込)

激安大特価29,800(税込)送料別!
スポンサーサイト

”QUEEN”ブライアン・メイ・シグネイチャーペダル"Red Special Pedal "

2006.08.25(14:32)
ところで。。。

ギターやベースといった楽器を始めるきっかけって何でしたか?

「好きなミュージシャン、ギタリスト等に憧れて!!」



こういった方。。。

結構、多いんじゃないですか?



実際に始めてしまうと色んな音楽に興味を持って、音楽的嗜好も色々と変わってしまう部分もあるのですが。。。


自分自身の心の中には大事な気持ちとしていつまでも持ち続ける思いとして。。。

すごく大事なことなのではないでしょうか?


「あの。。。

憧れの。。。

あのモデルを。。。

ご紹介!!」





↓↓↓詳細、購入はこちら
Digitech”QUEEN”ブライアン・メイ・シグネイチャーペダル


ブライアン・メイ監修のもと、エディー・クレイマーとDigiTech が最新のモデリング・テクノロジーを駆使して作り上げた、ブライアン・メイ/クイーンのサウンドを忠実に再現するモデリング・デバイスです。



定価¥35,000が。。。


販売価格¥31,185(税込)送料別!!



情熱的でメロディアスな「Bohemian Rhapsody」のソロサウンドから、「We Will Rock You」の重厚なクライマックス、私が何年も費やして創り上げた「ギターオーケストラ」を録音する今までどこも真似出来なかった「Deacy」アンプ・サウンドまで、このデバイスは諸君をショックさせるよ!


【付属品】
●6ペンス硬貨
●Red Special ギグバッグ
●PS0913B パワーサプライ
※オプションのフットスイッチ「FS3X」または「FS300(定価¥7,875)」を接続することで、トー・エフェクト or ヒール・エフェクトの切替およびモデルモデリングの選択が足元で行えます。


「WE WILL ROCK YOU!!」Brian May Red Special(3TSB)入荷数極少!!

2006.08.24(20:05)
ところで。。。

ギターやベースといった楽器を始めるきっかけって何でしたか?

「好きなミュージシャン、ギタリスト等に憧れて!!」



こういった方。。。

結構、多いんじゃないですか?



実際に始めてしまうと色んな音楽に興味を持って、音楽的嗜好も色々と変わってしまう部分もあるのですが。。。


自分自身の心の中には大事な気持ちとしていつまでも持ち続ける思いとして。。。

すごく大事なことなのではないでしょうか?


「あの。。。

憧れの。。。

あのモデルを。。。

ご紹介!!」





↓↓↓詳細、購入はこちら
Brian May Guitars Red Special(3TSB)


・以前、手に入れることができなかった方に朗報!
・かつてBURNSブランドでしか生産されていなかったブライアン・メイ・モデルが装いも新たに「Brian May Guitars」ブランドにて登場!
・スペック自体に変更はなく、独特のコントロールレイアウトも健在。
・入荷数が極少な為、ご購入をお考えの方はお早めに!




販売価格¥117,600(税込)送料別!!



※ブライアン・メイのレッド・スペシャルとは?

ブライアン・メイがそのカスタム・ギターを設計し製作したのは、彼がまだ10代の頃で、それ以来今日に至るまで彼はこのギターをメイン・ギターとして使用している。

全てのQUEENのアルバムとツアーでこのギターを使っていただけではなく、その他多くのプロジェクトや彼のソロ・アルバム「BACK TO THE LIGHT」でもこのギターを使った。

ブライアンと父親がレッド・スペシャルの製作を始めたのは1962年のことで、完成までに2年という月日を費やした。
「作業を終えたのは僕が17歳の時だった。僕が求めていたギターとは、歌っていながら温かみがあり同時に輪郭のあるサウンドがするギターだと自分でわかっていた。僕達はホロー・ボディの利点を持ち合わせたソリッド・ボディ。。。つまり理想的なフィード・バックを可能としたギターを設計しようとしてたんだ。」

このレッド・スペシャルは、発明の才ある職人の傑作だ!!

ビブラート・テールピースのスプリングはオートバイのキック・スタンドからとったもので、ボディになったオーク・ウッドは500年間放置されていた薪を使用している。
そして極太なネック。。。(ブライアンは大きな手をしている。。。)がこのレッドスペシャルのトレード・マークである温かみのあるサスティーンを生み出している。

また、ブライアンがこの楽器に付けた3つのバーンズ社製のシングル・コイルのために特別に設計したスイッチング・システムにも同じことが言えよう。
それぞれのピックアップに独立したオン/オフとフェイズ・スイッチを持たせ、より幅広い音作りを可能にしている。

「これはね、僕が”ギター・オーケストラ”的な音で音楽を盛り上げる時に使う、あのヴァイオリンみたいな音を出すのに最適なんだ」
とブライアンは語る。

「あの音は僕がまだ子供の頃から夢にまで見た音色なんだ。。。頭の中でいつも鳴っていたよ。」

若い頃からギターに関する様々な壁にぶつかっていたブライアンは、今のところこの”レッド・スペシャル”を他の楽器と交換する意思はないようだ。

「僕とこのギターは永遠に一緒だ」

と彼は語っている。。。!!?


「WE WILL ROCK YOU!!」Brian May Red Special(WHITE)入荷数極少!!

2006.08.24(20:01)
ところで。。。

ギターやベースといった楽器を始めるきっかけって何でしたか?

「好きなミュージシャン、ギタリスト等に憧れて!!」



こういった方。。。

結構、多いんじゃないですか?



実際に始めてしまうと色んな音楽に興味を持って、音楽的嗜好も色々と変わってしまう部分もあるのですが。。。


自分自身の心の中には大事な気持ちとしていつまでも持ち続ける思いとして。。。

すごく大事なことなのではないでしょうか?


「あの。。。

憧れの。。。

あのモデルを。。。

ご紹介!!」





↓↓↓詳細、購入はこちら
Brian May Guitars Red Special(WHITE)


・以前、手に入れることができなかった方に朗報!
・かつてBURNSブランドでしか生産されていなかったブライアン・メイ・モデルが装いも新たに「Brian May Guitars」ブランドにて登場!
・スペック自体に変更はなく、独特のコントロールレイアウトも健在。
・入荷数が極少な為、ご購入をお考えの方はお早めに!




販売価格¥117,600(税込)送料別!!



※ブライアン・メイのレッド・スペシャルとは?

ブライアン・メイがそのカスタム・ギターを設計し製作したのは、彼がまだ10代の頃で、それ以来今日に至るまで彼はこのギターをメイン・ギターとして使用している。

全てのQUEENのアルバムとツアーでこのギターを使っていただけではなく、その他多くのプロジェクトや彼のソロ・アルバム「BACK TO THE LIGHT」でもこのギターを使った。

ブライアンと父親がレッド・スペシャルの製作を始めたのは1962年のことで、完成までに2年という月日を費やした。
「作業を終えたのは僕が17歳の時だった。僕が求めていたギターとは、歌っていながら温かみがあり同時に輪郭のあるサウンドがするギターだと自分でわかっていた。僕達はホロー・ボディの利点を持ち合わせたソリッド・ボディ。。。つまり理想的なフィード・バックを可能としたギターを設計しようとしてたんだ。」

このレッド・スペシャルは、発明の才ある職人の傑作だ!!

ビブラート・テールピースのスプリングはオートバイのキック・スタンドからとったもので、ボディになったオーク・ウッドは500年間放置されていた薪を使用している。
そして極太なネック。。。(ブライアンは大きな手をしている。。。)がこのレッドスペシャルのトレード・マークである温かみのあるサスティーンを生み出している。

また、ブライアンがこの楽器に付けた3つのバーンズ社製のシングル・コイルのために特別に設計したスイッチング・システムにも同じことが言えよう。
それぞれのピックアップに独立したオン/オフとフェイズ・スイッチを持たせ、より幅広い音作りを可能にしている。

「これはね、僕が”ギター・オーケストラ”的な音で音楽を盛り上げる時に使う、あのヴァイオリンみたいな音を出すのに最適なんだ」
とブライアンは語る。

「あの音は僕がまだ子供の頃から夢にまで見た音色なんだ。。。頭の中でいつも鳴っていたよ。」

若い頃からギターに関する様々な壁にぶつかっていたブライアンは、今のところこの”レッド・スペシャル”を他の楽器と交換する意思はないようだ。

「僕とこのギターは永遠に一緒だ」

と彼は語っている。。。!!?


「WE WILL ROCK YOU!!」Brian May Red Special(BLACK)入荷数極少!!

2006.08.24(19:56)
ところで。。。

ギターやベースといった楽器を始めるきっかけって何でしたか?

「好きなミュージシャン、ギタリスト等に憧れて!!」



こういった方。。。

結構、多いんじゃないですか?



実際に始めてしまうと色んな音楽に興味を持って、音楽的嗜好も色々と変わってしまう部分もあるのですが。。。


自分自身の心の中には大事な気持ちとしていつまでも持ち続ける思いとして。。。

すごく大事なことなのではないでしょうか?


「あの。。。

憧れの。。。

あのモデルを。。。

ご紹介!!」





↓↓↓詳細、購入はこちら
Brian May Guitars Red Special(BLACK)


・以前、手に入れることができなかった方に朗報!
・かつてBURNSブランドでしか生産されていなかったブライアン・メイ・モデルが装いも新たに「Brian May Guitars」ブランドにて登場!
・スペック自体に変更はなく、独特のコントロールレイアウトも健在。
・入荷数が極少な為、ご購入をお考えの方はお早めに!




販売価格¥117,600(税込)送料別!!



※ブライアン・メイのレッド・スペシャルとは?

ブライアン・メイがそのカスタム・ギターを設計し製作したのは、彼がまだ10代の頃で、それ以来今日に至るまで彼はこのギターをメイン・ギターとして使用している。

全てのQUEENのアルバムとツアーでこのギターを使っていただけではなく、その他多くのプロジェクトや彼のソロ・アルバム「BACK TO THE LIGHT」でもこのギターを使った。

ブライアンと父親がレッド・スペシャルの製作を始めたのは1962年のことで、完成までに2年という月日を費やした。
「作業を終えたのは僕が17歳の時だった。僕が求めていたギターとは、歌っていながら温かみがあり同時に輪郭のあるサウンドがするギターだと自分でわかっていた。僕達はホロー・ボディの利点を持ち合わせたソリッド・ボディ。。。つまり理想的なフィード・バックを可能としたギターを設計しようとしてたんだ。」

このレッド・スペシャルは、発明の才ある職人の傑作だ!!

ビブラート・テールピースのスプリングはオートバイのキック・スタンドからとったもので、ボディになったオーク・ウッドは500年間放置されていた薪を使用している。
そして極太なネック。。。(ブライアンは大きな手をしている。。。)がこのレッドスペシャルのトレード・マークである温かみのあるサスティーンを生み出している。

また、ブライアンがこの楽器に付けた3つのバーンズ社製のシングル・コイルのために特別に設計したスイッチング・システムにも同じことが言えよう。
それぞれのピックアップに独立したオン/オフとフェイズ・スイッチを持たせ、より幅広い音作りを可能にしている。

「これはね、僕が”ギター・オーケストラ”的な音で音楽を盛り上げる時に使う、あのヴァイオリンみたいな音を出すのに最適なんだ」
とブライアンは語る。

「あの音は僕がまだ子供の頃から夢にまで見た音色なんだ。。。頭の中でいつも鳴っていたよ。」

若い頃からギターに関する様々な壁にぶつかっていたブライアンは、今のところこの”レッド・スペシャル”を他の楽器と交換する意思はないようだ。

「僕とこのギターは永遠に一緒だ」

と彼は語っている。。。!!?


| ホームへ | 次ページ
姉妹サイトリンク
スポンサーサイト


↑↑↑♪お得な情報満載★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

商品検索

商品一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。